税理士の選び方について

税理士へ相談税理士の事務所の中には相続相談を受け付けてくれるところが多いため、相続税の申告に悩みを抱えている人は利用することでサポートを受けることができます。税理士事務所は多いので相続相談を検討している人の中にはどのようなところを選ぶことで自身が望むサービスを受けることができるのか知っておきたいと考える人もいるでしょう。

まず選ぶ際には相談している相手の目線に立ってアドバイスをしたり相続相談を受け付けてくれるかどうかです。利用者目線の税理士事務所を選択すれば適切な料金説明をしてもらうことができたり、丁寧にお話を聞いたりサポートをしてくれる可能性があります。

節税などもしっかりと教えてくれる税理士事務所を選択しましょう。相続税を申告する必要がある人の中にはできるだけ相続税を抑えたいと考える人も少なくありません。そのような人は申告までの作業の手間を少なくするだけでなく、税金の負担も少なくしたいと考える人が多いでしょう。もし節税対策へのアドバイスも頂ける事務所であれば税金の負担を少なくできる可能性があります。

このような選び方であなたの相続税の申告に関する悩みを相続相談して、スムーズに相続税を支払うことができるようにしてみてはいかがでしょうか。

税理士への相続相談について

相談する相続相談ができる専門家は日本に複数あります。例えば弁護士や司法書士等になります。しかし、相続税の申告をする時に税理士を選択する人は少なくありません。相続税の申告をする時に税理士に相続相談をすれば時間の短縮を実現することができます。実際に相続人の中にはお仕事をしている人、家庭を持ち子育てをしている人も少なくないので、時間に余裕がない人もいるでしょう。時間に追われて生活をしている人は相続税を申告するまでの手続きを行う時間がないという方もいます。もし税理士に相続相談をすれば時間短縮できる可能性もあります

税理士に相続相談をすれば適切な財産評価をしてもらえます。財産評価は、その遺産にどれぐらいの価値があるかになります。例えば不動産を所有している被相続人からその家や土地を引き継ぐ時、ご家族だけでその価値を算出することは難しいと感じる人も少なくありません。もし相続相談をすれば財産評価をしてもえるので正しい財産評価で法定相続人はその遺産を分割することができます

税金の算出も税理士に相続相談をすることで可能です。相続税は相続する遺産などによって変動します。ご家族だけで算出することができない人もいますが、税理士を利用すれば代わりに税金の算定をしてくれるので相続税を申告する時の手間を少なくすることができます

相続税を申告するまでの流れ

相続税を支払う義務がある人は相続税の申告の流れを知っておくとスムーズに申告をすることができる可能性があります。まず初めに死亡届を提出することになります。死亡届を提出する時は医師の死亡診断書を添えることが求められるでしょう。届け先は市町村の役場になります。

手順がわからない次に葬儀です。葬儀をする時は喪主などを決めて葬儀業者に連絡をして相談しながら執り行うことになります。葬儀を終えたら遺産を把握することになります。基本的に遺産は法定相続人で分割することになるので把握しないと分け合うことができません。また、この時には遺言書の有無の確認や法定相続人がどのぐらいいるのかなどの把握もします。更に相続人は相続を拒否することもできるので、拒否するかそれとも相続するかの確認もこの際に行います。

次に準確定申告をして、その後に遺産にはどのぐらいの価値があるのかを把握します。価値が分からない遺産がある人の中には行政書士や税理士に相続相談する人も多いです。その後に遺産分割協議書の作成を行い、相続税を申告するための申告書の作成をした後に申告をして相続税を納めることになります。申告をすることができたらその後に相続した不動産や車などの遺産の名義変更を行います。

相続税の申告について相続相談をしよう

頼れる人相続税の申告をしなければならない人も少なくないでしょう。相続税は遺産を相続する時にかかる税金のことになります。税金は相続をする時だけでなく、生前贈与や消費をする時など様々なところで必要なお金になります。消費税を支払う時はお店側が消費税込みの値段を提示してその金額を支払うことになりますが、相続税の場合は申告をしなければなりません

申告をすることによって税金を支払うことができますが、申告をする期限は被相続人がお亡くなりになってから約10ヶ月以内です。そのため、10ヶ月以内に申告しなければなりません。もしこの期間内に支払うことができないと延滞税や加算税が発生することになるため、税金の支払いの負担が大きくなる可能性があります。罰金の種類は延滞税や加算税だけでなく、重加算税などもあります。もし重加算税を支払うことになれば税率の40パーセントの罰金を支払うことになるので、更に負担は大きくなります。

まず相続税を申告するためにはどのような遺産に相続税がかかるのかを知っておく必要があります。例えば不動産などは相続税が発生しますが、墓地や墓石は骨董品として所有していなければ相続税が発生しません。このように遺産にかかるものを把握したり、法定相続人がどのぐらいいるのかを調べたり、書類作成などもしなければならないため、税理士などに相続相談をして相続税を支払う人もいます。このような相続税を申告するまでの流れや税理士への相続相談について紹介します。