相続税を申告するまでの流れ

相続税を支払う義務がある人は相続税の申告の流れを知っておくとスムーズに申告をすることができる可能性があります。まず初めに死亡届を提出することになります。死亡届を提出する時は医師の死亡診断書を添えることが求められるでしょう。届け先は市町村の役場になります。

手順がわからない次に葬儀です。葬儀をする時は喪主などを決めて葬儀業者に連絡をして相談しながら執り行うことになります。葬儀を終えたら遺産を把握することになります。基本的に遺産は法定相続人で分割することになるので把握しないと分け合うことができません。また、この時には遺言書の有無の確認や法定相続人がどのぐらいいるのかなどの把握もします。更に相続人は相続を拒否することもできるので、拒否するかそれとも相続するかの確認もこの際に行います。

次に準確定申告をして、その後に遺産にはどのぐらいの価値があるのかを把握します。価値が分からない遺産がある人の中には行政書士や税理士に相続相談する人も多いです。その後に遺産分割協議書の作成を行い、相続税を申告するための申告書の作成をした後に申告をして相続税を納めることになります。申告をすることができたらその後に相続した不動産や車などの遺産の名義変更を行います。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket