相続税の申告について相続相談をしよう

頼れる人相続税の申告をしなければならない人も少なくないでしょう。相続税は遺産を相続する時にかかる税金のことになります。税金は相続をする時だけでなく、生前贈与や消費をする時など様々なところで必要なお金になります。消費税を支払う時はお店側が消費税込みの値段を提示してその金額を支払うことになりますが、相続税の場合は申告をしなければなりません

申告をすることによって税金を支払うことができますが、申告をする期限は被相続人がお亡くなりになってから約10ヶ月以内です。そのため、10ヶ月以内に申告しなければなりません。もしこの期間内に支払うことができないと延滞税や加算税が発生することになるため、税金の支払いの負担が大きくなる可能性があります。罰金の種類は延滞税や加算税だけでなく、重加算税などもあります。もし重加算税を支払うことになれば税率の40パーセントの罰金を支払うことになるので、更に負担は大きくなります。

まず相続税を申告するためにはどのような遺産に相続税がかかるのかを知っておく必要があります。例えば不動産などは相続税が発生しますが、墓地や墓石は骨董品として所有していなければ相続税が発生しません。このように遺産にかかるものを把握したり、法定相続人がどのぐらいいるのかを調べたり、書類作成などもしなければならないため、税理士などに相続相談をして相続税を支払う人もいます。このような相続税を申告するまでの流れや税理士への相続相談について紹介します。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket